不動産

住宅改造計画┃塗装は経過年数と塗料の寿命を見てから依頼しよう

下地づくり

外壁塗装は意外と見落としがちな部分

不動産

マンションの維持管理は、不動産を所有する人にとっては重要な仕事です。しかし、マンション内の設備ばかりに気を取られ、マンションの外壁塗装まで気にする方はあまり多くないのが実際のところです。たしかに、外壁塗装などはあまりじっくり見る人も多くないでしょう。一般的にマンションの外壁塗装の耐用年数は10年程度と考えられていますが、実際にはマンションの外壁塗装に使用される塗料や下地など、様々な理由によって塗り替えのタイミングが異なってきます。マンションの外壁塗装の塗り替えを依頼する人は、実際に塗装が剥げたりしてから検討する場合が多いのですが、それからでは手遅れと言う事もあるので注意が必要です。ですから、どの様な状態になったら塗り替えを検討するべきなのか前もって知っておく必要があるのです。

どの様な状態になったら塗り替えるべきか

塗装が剥離していたり外壁塗装が白い粉を吹いている状態ならば注意が必要です。塗装の剥離の場合は、そのまま放置しておくと水分がマンションの躯体に侵入してしまい、コンクリートがひび割れてしまうので早急な対応が必要です。また、外壁塗装が白い粉を吹いている場合は、塗装全体が劣化している状態で、塗装の防水性が失われている状態です。この様な状態も放置しているとコンクリートのひび割れに繋がってしまうので対処が必要です。もし、これ等の状態を放置しておくと、マンション自体を大幅に修繕しなければならなくなるので、早めに外壁塗装の塗り替えを検討するのが良いでしょう。