不動産

住宅改造計画┃塗装は経過年数と塗料の寿命を見てから依頼しよう

塗装の機能

住まいの外壁塗装について

塗装

日本においては四季の変化によって温度や湿度が変化する事となり、住まいなどに対して厳しい環境となって来ています。 そして日本においては屋根に瓦が用いられていて、これらの気候の変化に耐えうる様にしていますし、また家の外壁は以前ですと木に塗料を塗るなどして雨風などから守って来ていました。 そして年月の経過と共に外壁塗装はより耐久性を高めたものが開発されたりして、多くの住まいに用いられてきているのです。 また外壁も現在では耐熱ボードの上に外壁塗装を行う物が主流となって来ていまして、その塗料には耐候性や撥水性、そして汚れのつきにくさを保つ技術などが盛り込まれてハイテク化してきています。 塗料の長寿命化によって外壁塗装の塗り直しまでのインターバルを長くする事が可能となって来ています。

外壁用の塗料に求められる内容について

そして最近は地球環境の変化などによって、夏場の高温化であるとか或は大きな台風などで暴風雨に晒される機会も増えるなど、外壁塗装にとっては従来よりも厳しい環境となって来ています。 ですので外壁塗装に対しては、今後より高い耐久性が求められてゆく可能性が高まってきているのです。 またリフォーム工事において外壁塗装は塗装作業を行うのに足場を組んで対応する必要が有るなど、工事全体に占める金額の割合は高いものとなっています。 今後もより長期間にわたり使用できるコストの安い塗料の開発ニーズが高まってゆくと思われます。