不動産

住宅改造計画┃塗装は経過年数と塗料の寿命を見てから依頼しよう

外壁から変わる

塗装

神戸にもあるマンションは鉄筋コンクリート造りですので、木造の一戸建て住宅よりも耐久年数がかなり長くなっています。しかし、いくら丈夫なコンクリートや鉄筋が使用されていたとしても、適切なメンテナンスが継続的に行われていないと、本来の寿命に達するまで建物を持たせることができなくなってしまいます。マンションの場合、概ね10年に1度は外壁塗装工事や屋上防水工事を実施する必要があると言われています。マンションは規模が大きいので、外壁塗装工事の費用も莫大な金額になります。従来は、マンションの管理会社が紹介する外壁塗装業者をそのまま利用するのが一般的になっていましたが、ここ数年は、管理組合が独自に業者探しをするケースが増えてきています。そうした方が外壁塗装工事にかかる費用を安くあげられる可能性が高いためです。住民としては少しでも大規模修繕の費用負担を安く抑えたいというのが正直な気持ちですので、管理組合が独自に業者探しをするのが当たり前のようになっています。

複数の外壁塗装業者を比較してみるとよくわかるのですが、業者によってかかる費用に大きな差が生じています。マンションは塗装面積が広いので、ほんのわずかな価格設定の違いが最終的に見過ごすことができないほどの大きな価格差になってしまう可能性があります。そのため、多くのマンション管理組合が、複数の外壁塗装業者から相見積もりを取って、少しでも安い料金で外壁塗装してくれる業者を探し出す努力をしています。使用する塗料の種類によってかかる費用が大きく変わってくるのは確かですが、足場工事にかかる費用にも注意する必要があります。実は、ここ数年、無足場工事を実施する外壁塗装業者が増えてきました。高額の足場工事費が不要になるため、総費用が半額程度に減額されるケースも出てくるようになりました。無足場工事の導入の有無による業者間の価格差が、今後さらに拡大されることになるだろうと予想されています。

下地づくり

不動産

マンションの外壁塗装の劣化の主なものは、変色やカビなどの汚れです。この程度のものならば、しばらく放置していても特に致命的な欠陥に繋がらない場合が多くので、下地づくりが大事になってきます。

More Detail

塗装の機能

塗装

外壁塗装の工事を行う際には塗装業者を利用するのですが、この際にも相見積もりを取るなどして対応する事も大切です。特に特殊な施工を依頼する際は料金が変わってくるので、塗料の機能性を確かめて利用しましょう。

More Detail

年月の経過

不動産

マンションの塗装を行う際に考えないといけないのが、経過年数。経過年数がある程度たつと、劣化の影響をモロに受ける可能性あがるので、痛みに強い外壁塗装サービスを選ぶことが大切です。

More Detail